コットンでパッティング

女性の皆さんの多くは、美しい肌を求めてかなり真剣にスキンケアをしていると思います。

潤い肌に大敵の乾燥肌を避けるための乾燥肌対策も多くの方がやっておられると思われますが、かなり自己流にやって間違ったスキンケアと乾燥肌対策で、かえって悪化させているケースも多いようです。

その一つに「コットンでパッティング」というのがあります。現在はコットンでパッティングする人も減っているようですが、私も少し前まではコットンでパッティングをしていました。

コットンを使わずに手でつけると化粧水の成分を手が吸い取ってしまうから、というのがコットンを使う理由でした。実際コットンを使ってみると、手のひらにつけた時と違って、ひゃっと気持ち良く、いかにも肌がしっかり吸収してくれるという感じがしたものです。

ところがここ数年前から、化粧水をつけるときにコットンを使うデメリットが言われるようになりました。

全身脱毛の口コミサイトが参考になりました

それは、たとえコットンが柔らかいようでも化粧水を吸って膨らみすぎると硬くなり、それでパッティングをすると肌にも負担がかかるという理由です。

さらに、コットンの毛羽立った繊維が肌にダメージを与えることもあるので、傷つけて乾燥しやすくなりシワなどの肌トラブルを招くというものです。
たしかに、コットンという繊維の摩擦の事を考えれば、肌にとっては手の方がはるかにソフトです。

そのほかにも、手でやるメリットには、手の体温で肌が温まることによって、化粧水や美容液浸透が良くなることがあげられます。また、私のようなケチにはコットンが化粧水を吸い込んでもったいないような気がしていましたが、そんな思いを持たずにすみます。

もちろん手で行う時のパッティングも強すぎないように、やさしく行ってください。

あごニキビを完治したいと思います


手でこすりつける

肌が乾燥する事により肌トラブルが起きたり、顔の老化を早めるなどの問題が生じますから、乾燥肌対策は早めにしっかり行いたいものです。

一番は乾燥肌にしない予防ですが、間違ったスキンケアで乾燥肌にしないようにしてください。


間違ったスキンケアの方法に、化粧水や乳液を「手でこすりつける」というのがあります。

しっかりと肌に染み込ませたい思いから手でこすりつけますが、しかし手でこすりつけたからと言って化粧水が効率良く浸透するどころが、逆に摩擦と刺激で肌にダメージを与えて乾燥肌にしてしまいます。

おススメの方法は、日本を代表する美容アドバイザーの佐伯チズさんが提案する水と、化粧水とコットンで行うローションパックです。ローションパックの方法は、コットンに水を十分染み込ませたら化粧水を垂らします。コットンは幾層にもなっていますから4、5枚ほどにはがします。

剥がしたコットンを、おでこ、頬、鼻、あごに乗せて3分程おくだけです。長く置き過ぎると逆にコットンパックが顔の水分を奪ってしまうので、くれぐれも長く置かないようにしてください。
そっと置くだけですから肌にも負担をかけず、化粧水を肌にしっかり染み込ませる佐伯チズさんのこの方法を、乾燥肌対策としてあなたもぜひお試しください。

また、肌の状態に合わせてスキンケアコスメを選ぶのが大切なのと、外からのケアと同時に体の内部からのケア、食べ物にも気をつけてください。
乾燥肌を防ぐ食べ物には、納豆や卵他乳製品なども効果があります。そして水分補給も忘れないでください。

永久脱毛は、人気クリニックがおすすめです

つけるコスメの量が多すぎや少な過ぎ

間違った乾燥肌対策に、頑張って保湿をしっかりしようと思うあまり、つけ過ぎることです。

 

化粧水にもミストにも言えることですが、必要以上につけてしまうと化粧水が蒸発するときに、肌の必要な水分まで蒸発させてしまいその結果乾燥肌にしてしまいますから注意をしてください。

 

しかし、つける量が少な過ぎても困ります。目安としては、肌のモチモチ感です。手のひらを顔に当て、そっと手を離した時の感触をみてください。手のひらに肌が吸い付いてくるような感じなら大丈夫です。
もし、手のひらに吸い付いてこないようなら、不足しているということになります。

 

多くの人がどちらかというとつけ過ぎる傾向があるようですが、肌の弱い人にとって栄養クリームをつけ過ぎるとかぶれたような状態になるので注意してください。

 

肌には敏感肌の他に「不安定肌」というのがあり、普段は問題なくてもその時の体調や季節の変わり目などで、いつも使っている化粧品でも刺激を感じます。そんな体調の悪い時に栄養クリームをつけ過ぎると、肌が吸収しきれず負担になりかぶれるという現象が起こります。

 

肌が弱くなければかぶれるところまでいきませんが、常につけ過ぎていると長い間にはなんらかの肌トラブルを起こしますから、つけ過ぎにも注意が必要です。また、例え普通肌の方でも、コスメの成分表はしっかり見て選ぶことをおススメします。色素や防腐剤やアルコール他アルゲンなどが含まれているコスメは、安全性を考えて避けたほうが無難です。

 

腕脱毛は冬がおすすめです